HOME > 刑事事件

刑事事件

弁護士は刑事事件の専門家であり 刑事事件で逮捕された被疑者を守ります

刑事事件

こんなお悩みありませんか?

刑事弁護

刑事弁護のイメージ

突然、自分自身やご家族、友人が警察に逮捕された場合、あなたはどうしますか?会社に連絡しますか?ご両親に連絡しますか?急なことで何をすれば良いか分からないと思います。こんな時、本当に頼れるのは弁護士です。

警察は捜査の秘密を理由に詳しい事情や事態を説明してくれないことがあります。その上、本人に会いたいと希望しても面会できない場合もあります。そんな時に、弁護士であれば、立会人なくして被疑者、被告人と接見し、本人に直接会って正確な法的なアドバイスなどをできます。

弁護士は、身柄拘束をされている被疑者、被告人に対して法的なアドバイスを与え、証拠を収集し、被害者と示談など交渉し、早い段階での保釈による身柄解放や刑の軽減を得るための活動をしていきます。
このような場合は、慌てず、信頼できる弁護士を早急に依頼する事が解決への一番の方法です。

刑事事件はスピードが重要

刑事事件は、時間との闘いです。刑事事件の弁護活動については、裁判での弁護活動ももちろん大切ですが、最重要ポイントは、被疑者段階の弁護活動、つまり、起訴か不起訴かを検察官が決定するまでの弁護活動になります。逮捕・勾留されている場合、その間、最長の場合でもたったの23日間しかありません。この間、弁護士は、被疑者とこまめに何度も接見をして、その防御権を十全化するとともに、身柄拘束を解いてもらえるように、検察官と交渉をすることとなります。

刑事事件の流れ

逮捕されてから釈放される機会は限られています
逮捕されてから釈放される機会は限られていますのイメージ

刑事事件のご相談から解決までの流れ

STEP1 法律相談のイメージ
STEP1 法律相談

相談者の事情や状況をお伺いし、相談者の立場に立った上での解決策について具体的に相談します。その上で、処分に対して予想される今後の刑事手続の流れやどのような方向で話し合いをすればよいのかについてアドバイスします。

STEP2 委任契約
STEP2 委任契約

逮捕・勾留中の場合は、弁護士が留置施設を訪問し、ご本人の意向を確認し、ご本人が依頼したい意向であれば、弁護人選任届を作成し、正式にご依頼をいただきます。

STEP3 事件処理

ご本人やご家族にアドバイスを行い、裁判所や捜査機関に対して書面提出など行い、ご本人が不当な扱いを受けないよう対応し、出来る限り相談者に有利な解決を目指します。

事件解決
相談票 相談票のダウンロードはこちら
料金一覧はこちら
弁護士法人 山﨑法律事務所 Yamazaki Law Office-HANDA 半田事務所 〒475-0916 愛知県半田市柊町1丁目215番地の11 0569-24-9472 受付時間 平日 9:00~17:30
ご面談日時のご予約はこちら お気軽にご相談ください。
面談日当日にご持参ください 相談表 予めご記入・ご持参いただけますと、相談に要する時間を短縮できます。
大きな地図で見る愛知県半田市柊町1丁目215番地の11ホームページを見たとお伝えください 0569-24-9472 平日9:00~17:30 半田事務所へのアクセスはこちら
大きな地図で見る愛知県東海市大田町寺下93番地1ホームページを見たとお伝えください 0562-85-4414 平日9:00~17:30 東海事務所へのアクセスはこちら
大きな地図で見る 愛知県常滑市新開町4丁目3番地
第2ニシダビル2F
ホームページを見たとお伝えください 0569-47-7005 平日9:00~17:30 常滑事務所へのアクセスはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ